遺伝

吃音は遺伝するのか?遺伝と遺伝子について

更新日:

親も吃音であったり、兄弟にも吃音があるは、「吃音は遺伝するのか?」という疑問が出てきます。この記事では、吃音の遺伝に関することについて説明していきます。

吃音は遺伝するのか


※写真はイメージです。
アメリカの吃音研究者ヤイリ博士は、吃音がある人の家族歴(血縁者に吃音の人がいる)は、30~60%と推定しています。逆の視点から見ると、吃音がある人のうち、40~70%は家族に吃音の人がいないということになります。
また、他の研究報告によると、吃音がある人の子供が吃音になると、回復しない場合が15%という結果が出ています。そのことから計算すると、子供が6~7人できたら1人が遺伝するといえます。
余談ですが、この記事を書いている私は、母親に吃音があり、3人兄弟のうちの兄と、次男である私が幼少期から吃音になりました。私の場合には、確率としては高いということになりますが、これにも様々な要因が考えられるのです。
吃音の発症は様々であり、その他の要因なども複雑に絡み合っていると言われています。体質や環境など様々な要因があるのです。体質面だけ見ても、発症する要因と発症後に吃音が持続する要因とがあるとも考えられています。
体質的要因を持っているすべての人が吃音を発症するかどうかというと、そうではありません。吃音の双子研究においては、二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が吃音が両方に発症するというデータが出ていますが、一卵性双生児でも一人はどもり、もう一人はどもらないことがあるのです。つまり、吃音になる要素を持っていても、吃音が発症しない人もいるということです。

遺伝子について


アメリカサウスダコタ州で行われた調査において、研究グループは、吃音に関与しているとされる3つの染色体は、1番、13番、16番であると同定しました。他の研究者の調査では、18番目の染色体が吃音に関与しているかもしれないと報告しています。
吃音の発症と症状の進展には、1番、7番、9番、12番、13番、15番、16番、18番など複数の遺伝子が関わっているとされています。
また、自然治癒する子と成人まで持続する人の両方に9番目の染色体上の遺伝子が関与し、成人まで吃音が持続する人には15番目の染色体が関与していると言われています。
遺伝研究は、研究の実施数が少なかったり、吃音がない人のデータを収集していなかったり等の研究法上の問題も指摘されているため、解釈には慎重さが必要と言われています。

まとめ

吃音は、親子間では15%の確率で遺伝子すると考えられています。発症と持続には1番、7番、9番、12番、13番、15番、16番、18番目の遺伝子が関わっているとされています。

-遺伝
-, , , , , , , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2019 All Rights Reserved.