受講者の声

練習や実践を重ねることで2ヶ月ほどで定着した

更新日:

20代 男性

開始前の状況

・日常生活では工夫をしてのりきっていた

・バイト中や発表する場面などは特に吃音が出ていた

・話すときにどもったら嫌だ、人から変に見られると思っていた

開始後

・吃音の仕組みが分かり、発声法を変えることで吃音が軽くなることを知った

・発声法が身に付くまではじめは苦労したが、練習や実践を重ねることで2ヶ月ほどで定着した

・メンタル面の改善として周りの目などのコントロールできないことは気にせず、自分ができることをするということと、自分が発信者であり能動的なものであるということを理解し、実際にそう思えるようになった。

・吃音が出やすい緊張する場面でも、自分ができることをを自分のペースですることを意識することで焦りや緊張が軽くなるようになった。

よく読まれている記事

1

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

2

仕事の電話で吃音のために会社名が言えず、時にはずっと吃音のことばかり考えてしまうことはないでしょうか?吃音があるがゆえに仕事への不安が募ることもありますよね。 このような日々の不安から解放されるために ...

3

吃音がある人の中には「アルバイトをしてみたいけど、吃音があるから・・・」と考えている人は少なくありません。確かに、バイト中にどもることを考えると不安になりますよね。 吃音があってもできるバイトはあるの ...

-受講者の声
-, , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2019 All Rights Reserved.