受講者の声

練習や実践を重ねることで2ヶ月ほどで定着した

20代 男性

開始前の状況

・日常生活では工夫をしてのりきっていた

・バイト中や発表する場面などは特に吃音が出ていた

・話すときにどもったら嫌だ、人から変に見られると思っていた

開始後

・吃音の仕組みが分かり、発声法を変えることで吃音が軽くなることを知った

・発声法が身に付くまではじめは苦労したが、練習や実践を重ねることで2ヶ月ほどで定着した

・メンタル面の改善として周りの目などのコントロールできないことは気にせず、自分ができることをするということと、自分が発信者であり能動的なものであるということを理解し、実際にそう思えるようになった。

・吃音が出やすい緊張する場面でも、自分ができることをを自分のペースですることを意識することで焦りや緊張が軽くなるようになった。

よく読まれている記事

1

吃音があることにより就活の面接で悩む人はたくさんいます。吃音がある人にとって、就活は人生の中で最も苦手な場面と言っても過言ではありません。 そのため「吃音があっても就職できるのか?」「障害者手帳を取得 ...

2

吃音に悩む人は、仕事の電話で吃音のために会社名が言えないことの不安を抱えていたり、プレゼンなどの発表場面に何日も前から心配していることも少なくありません。 時には、ずっと吃音のことばかり考えてしまうこ ...

3

吃音が出てしまうことで悩んでいると、バイトに行くこと自体が辛くなります。本当はバイトしたいのに、行きたくないと思うくらいに辛い時がありますよね。 今すぐバイトをやめれば気持ちが楽になることもありますが ...

4

「吃音が治った人はいるのでしょうか?」「どんな人が治りやすいのでしょうか?」これらについての真実は、ケースも様々なため、簡単に言えることではありません。
この記事では、吃音が治った人、以前より良くなっ ...

5

もくじ 吃音で大学生活が不安、どうしたらいいのか悩んでいる吃音さえなければ吃音のため授業で困ったら、どうすればいいのか?自己紹介・授業での対策発表では、資料やパワーポイントの活用する配慮をお願いするた ...

6

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

-受講者の声
-, , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2020 All Rights Reserved.