吃音の治療

吃音が治った人、治らなかった人の違い

更新日:

「吃音が治った人はいるのでしょうか?」「どんな人が治りやすいのでしょうか?」これらについての真実は、ケースも様々なため、簡単に言えることではありません。
この記事では、吃音が治った人、以前より良くなった人について述べていきます。

吃音が治った人は、どうやって治ったのか?

幼児の自然治癒

幼少期からの発達性吃音は、子ども100人に対して5人が発症します。研究報告により違いはありますが、発症した吃音が回復する確率は、最大で約80%です。つまり、子供が100人いたら5人が吃音を発症し、その後4人は自然治癒し、1人は成人以降も症状が残るということになります。
アメリカの吃音研究者ヤイリ博士らの報告によると、回復した子としなかった子の相違点は以下の点でした。
【幼少期に吃音が回復しやすい条件】
・女児である。
・発症年齢が低い。
・吃音のある親族がいない。または、いても回復している。
・言語スキルが高い。
・非言語の知能検査の得点が高い。

吃音の自然治癒を妨げる要因として

吃音の自然治癒に関して、本人の持つ気質(過敏さや、感情表出の抑制など)が、吃音の自然な改善を妨げ、吃音を維持させることに関わっているのではないか、と考える研究者もいます。また、遺伝的要因では、いくつかの遺伝子が吃音を維持させることに関わっているとも言われています。

年齢とともに軽くなっていくケース

治ってはいないけど、以前より随分軽くなったという人もいます。この場合も過程は様々ですが、例えば以前は人前で音読ができなかったけど、今はできるようになったなど、日常で困ることが少なくなっています。
要因はいろいろ考えられますが、「言えた!」という成功体験を積むことにより、特定場面を乗り越えていくことが多いです。

日常に適合していくケース

なんとかやり過ごしていくうちに日常に適合して吃音が軽くなっているだけの場合には、後で悩みが深くなることもあります。主に就職活動や職場での対応において、名前が言えないなどの悩みが始まることがあります。
自己流で話し方や様々な工夫をされている場合のほとんどは、少しごまかしながら日常適合している場合が多いのです。
吃音頻度が減っていったり、ストレスなどの影響をあまり受けなかったりすると、生活していても吃音の支障をほとんど受けないことがあります。
どもらないように言葉の言い換えをしたり、余計な音の挿入(例えば、えーっと、あのー、などを付けて話し始める)をしたりする場合、これは吃音が治っているのではなく、どもらないための工夫をしているということになります。

治療して吃音が治る人

適切なセラピーを受けることで治る人がいます。実は、どもりがあってもセラピーを受ける人の割合は実際には低いというのが現状です。吃音は日常になんとか適合できることが多いことや、吃音を診ている病院が少ないこと、費用が高いなど様々な理由が考えられます。

セラピーを受けて良くなる人の場合にも様々な回復例がありますが、体験談を基に分類すると、

テクニックを身につけて上手に吃音に対処できるようになる人

この場合は、テクニックを身につけて、実際の場面で使うことができるようになることが大事です。いつもなら吃音が出てしまう場面や苦手な言葉を「自分でコントロールして言える」ことにより、自信が生まれます。
自信が生まれることにより、日頃抱えていた不安が減ります。そして、いつの間にか吃音のことをあまり考えなくなり、上手に吃音をコントロールし続けることが自然になっていくのです。

主に心理的なアプローチにより、どもることが気にならなくなり、次第に吃音を忘れていく人

この場合は、どもっても良いという考えを育てながら、様々な工夫を止めていくことが重要です。そして、本来自分が持っている自然な話し方を引き出すために、心理療法に基づいたセラピーを行います。
セラピーがうまくいくと、吃音への否定的な認知が減り、吃音症状自体も減っていきます。また、セラピーは一人一人の吃音に合わせて、取り組む必要があり、自分に合った方法、結果の出る方法を用いることが大事です。

考え方が変わっていくことによって、話しやすさが出てくる人

吃音への否定観が薄れていくことや、自己肯定感を高めることで、話しやすさが出る人がいます。そのために、言語療法とカウンセリングが行われ、認知行動療法や、その他の心理療法を用いられることがあります。
個人差はありますが、吃音がある人は、自己肯定感が低くなる傾向があります。話せない苦悩が続くと、「自分は、周りの人が当たり前にできることができない」と考えることにより、自分の能力や存在をも否定的に捉えてしまうのです。
「当事者を苦しめている思考のサイクル」を変えていくことは、楽に話せるためには有効です。

治療を受けても良くならなかった理由として考えられること

セラピーがうまくいかずに、吃音が良くならない場合もあります。一生懸命取り組んだけれども結果が出なかった場合もあるでしょう。
これらは、取り組んだ方法が合っていなかったことや改善を阻止するような何らかの課題がある場合なども含め、本人の努力では難しいとされる様々な要因が考えられます。
もちろん、どんなセラピーも万能ではありませんし、セラピストのレベルも様々です。当事者の課題だけではなく、セラピーを行う側の要因もあります。言葉の矯正だけに重きを置く古典的な吃音セラピー、マニュアルに頼りすぎたセラピー(個々の当事者に適応していない)などは、良くならなかった理由の一つかもしれません。
また、世界的に有名な吃音研究者ヴァン・ライパーは、「どもることを恐れ続ける人は、どんなセラピーを受けてもうまくいかないであろう」と述べています。この「吃音への恐怖」をいかに手放せるようになるかが、改善への大事なポイントです。

様々な課題を抱えて


吃音がある人は、社交不安障害や他の心理的な課題、親子関係や不登校など、吃音だけではなく様々な問題を同時に抱えていることもあります。これらの複雑な課題が、吃音治療が困難な要因に含まれている場合もあります。
いずれにしても、セラピーがうまくいかない理由は、一概にはわからないのです。

まとめ

吃音は、幼少期に回復することが多いです。成人まで吃音が続く場合には、日常生活になんとか適合して軽くなっていく人と、セラピーなどを受けて回復していく人がいます。
回復過程は様々であり、個人によって違います。治療を受けても良くなる人と良くならない人の違いは、多様であり、一概に言い切ることはできません。

-吃音の治療
-, , , , , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2019 All Rights Reserved.