吃音当事者の現状

吃音がある人に、どう接していけばいいの?

更新日:

自分の彼氏や彼女が吃音であったり、配偶者が吃音である人は、「私は、どう接したらいいんだろう?」と迷うことがあります。この記事では、吃音のある人の気持ちや、接し方についてご紹介していきます。

吃音がある人への接し方


まず、吃音とは、自分でコントロールできる類のものではありません。当然ですが、吃音がある人は、どもりたくないのにどもってしまうという苦悩を抱えています。
吃音のある当事者は、こんなことを感じています
・どもったらどうしよう
・変な人だと思われたらどうしよう
・ちゃんと言わなきゃいけない
・タイミングよく言わなきゃいけない
・言葉が出てこないことへの焦り
・どもって固まってしまうことへの恐怖
・吃音者だと思われたくない
・障害者だと思われたくない
などです。

こういうことは言われたくない


吃音がある人は、以下のようなことを言われると、プレッシャーやストレスを感じます。これらは、たとえ、夫や妻など親しい人からでも言われたくありません。
・「ゆっくり話せば大丈夫」
ゆっくり話しても吃音が出ることがあります。
・「落ち着いて。焦らないで。」
言いたい言葉が出てこないため、焦ったような状態になっているのです。焦っているからどもりやすくなる人もいますが、言葉が出てこないから焦るのです。当事者は、その状態をコントロールできなくて困っているのです。
・「治しにいけばいい」
セラピーも完全ではないため、当事者は、治るかどうかわからないと思っています。また、吃音の経験のない他人に、吃音を干渉されること自体が、当事者を嫌な気持ちにさせます。
・「かんでるよ」
吃音は、「言葉がかむ」とは違います。また、いちいち指摘されることで、吃音を余計に気にしてしまい、どもりが増えるのです。
吃音がある人は、自分では何ともできない吃音を抱え、とてもデリケートです。余計な指摘やアドバイスに、心が傷つくことがあります。
相手を尊重する発言をしていただくこと(または、発言しないこと)で、尊厳が守られます。

こういうことはされたくない


・特別扱いされたくない
過剰に特別扱いされるのも嫌な気持ちになります。話すことが少し困難なだけで、その他は普通に見られたいと望む人が多いのです。
・誤解されたくない
当事者は、どもらないように、たくさんの努力しています。例えば、言葉を言い換えたり、特定な言葉が言えないため、「わからないふり」をせざるを得なかったりします。
本人としては、どもらないようにしようとして行う、その行為が、周囲に誤解を与えることがあるのです。
・言葉を先取りされたくない
言おうとしている言葉を、聞き手が先取りすることは、時に助けにもなりますが、その逆にもなります。あまり先取っていると、先取られないようにとの思いから焦りが生まれるからです。
また、言いたい言葉を他人に言われると、がっかりする人もいます。しばらく待ってどうしても本人が苦しそうなら、助けてあげることも良いでしょう。
・急かされたくない
吃音がある人にとって「早く言って」という言葉を言われると、とても辛いです。例えば、風邪で高熱がある人に、早く動いてと言っているようなものです。本人も言葉が出なくて困っているのですから、急かすことは厳禁です。

このように対応されると嬉しい


・話し終わるまで待ってくれる
言おうとしている言葉を先取りされたり、急かされたりすることは、よけいに言葉が出づらくなります。焦ることによって、吃音当事者の発話はさらにパニック状態に追い込まれるからです。
当事者が自分のペースで話そうとしている時には、そっと見守っていただき、ペースを乱さないようにしていただけると安心して話せます。
・ちゃんと聞いていくれること
せっかく言葉が出そうな時に、話の途中で横を向いたり、他の人と話し始めると、嫌な気持ちになります。
これは、吃音のない人でも同じですが、吃音がある人の場合には、話そうとしている間に吃音による困難さを感じています。自分が辛い思いをしている時に、自分の存在を相手に軽く扱われるのは、誰でも嫌なものです。
・少しでも理解されること
他の悩みも同じですが、吃音は当事者になってみないと、その辛さはわかりません。わかってもらえなくても、少しでも寄り添うように理解されると、当事者は心が軽くなります。
吃音のある人は、うまく話せないときでも、「話したい」という話す意欲を持っています。その意欲を削がないように、普通に接して頂いたり、優しく見守っていただいたりすることが、吃音のある人の日々の過ごしやすさにつながります。

まとめ

吃音のある人は、非常に繊細で複雑な気持ちを抱えています。吃音のある人の多くは、他人から少しでも吃音を理解されることや、理解してくれようとしてる態度に触れることで、気持ちが楽になります。

-吃音当事者の現状
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2019 All Rights Reserved.