吃音の症状と種類 大人の吃音

大人になってからどもり始める心因性吃音とは?

吃音は子供の頃からではなく、大人になってから発症する人もいます。例えば、就職してから電話で第一声が言えなくなってきた人や、10代後半から会話の中でどもり始める人がいます。

吃音の多くは幼少期から10代前半までに発症する発達性吃音ですが、10代後半以降に見られる吃音に、ストレスなどが原因の心因性吃音があります。

この記事では、心因性吃音について詳しく述べていきます。

 

心因性吃音とは


心因性吃音とは、ストレスが長く続いたり、トラウマのような出来事を経験したり、心理的な要因がきっかけで起こる吃音です。

症状

症状は、発達性吃音のように、連発(言葉を連続して発する)、難発(言葉が出てこない)、伸発(言葉を引き延ばして発する)が見られます。
人によっては、状況が変わると、なめらかに話せることがあります。

発症時期

心因性吃音は、10代後半から成人に見られます。ただし、子供の頃に少しでも吃音があり、治まっていたものが再発した場合、それは心因性吃音ではなく、発達性吃音です。

ストレス要因について

私たちは、生活する中で、たくさんのストレスを受けます。学校や仕事での出来事、日常生活での人付き合いなど、様々なストレス要因があります。

慣れていない状況に直面したり、苦手な人と付き合わなければならなかったりすると、心に負担がかかることもあるでしょう。その他にも、突発的に心に傷を受けるような出来事は、心因性吃音の要因となります。

 

克服していくために大事なこと

では、心因性吃音を克服していくには、どうすれば良いのでしょうか?以下、まず、あなたが行うべきことを記していきます。

ストレスを減らしていく

まず、ストレスを軽減するためには、「ストレスの原因となるものから距離を置くこと」が基本です。自分がストレスから解放されるために、お仕事の環境など、変えられることは変えていくことが大事です。

とはいえ、ストレスのある環境をすぐに変えることはできないかもしれません。まずは、できることからで良いので、ストレスから距離を取ることを考えるべきです。

そして、自分をいたわる時間をたくさん増やし、快適な自分で過ごせる環境を自ら作っていくことです。

誰かに相談すること

一人で抱えていると、精神的にも追い込まれ、さらに症状が悪化することがあります。職場で相談できる人がいれば、まず相談しましょう。今の状況を変えていくために何かできることがあるかもしれません。

また、家族や友人に相談したり、話を聞いてもらったりして、人に話を聞いてもらうことで、まずは心を少しでも軽くしていきましょう。

カミングアウトする

他人に吃音のことを打ち明けるのは勇気がいることです。ただ、他人に誤解されないために、カミングアウトは一つの手段として有効です。もちろんカミングアウトを誰にするのかという、人選も大事です。あきらかに理解されないような人に打ち明けても逆効果です。

基本的に、他人はそこまで吃音のことを気にしていません。そのため、打ち明けたとしても、「ふーん、そうなんだ」程度に捉える人も多いです。カミングアウトは、他人に誤解されないようにし、「どもってはいけない」という自分のプレッシャーを軽くすることが目的なのです。

会社や学校では、吃音の認知度も低いため、吃音を知らない人が多いこともよくあります。自分を責めるのではなく、「周りが吃音を知らないだけだ」という事実に気づいてください。

職場や学校でどもってしまって困っている場合、吃音をカミングアウトするとしても、人によって様々な状況が考えられます。カミングアウトすることで状況が良くなるようなら、したほうが良いです。しかし、そうではない場合には、無理してカミングアウトする必要はありません。

治療を受ける

心因性吃音の治療は、発達性吃音で用いられる治療が有効です。言語療法や認知行動療法、その他の心理療法を基にした治療法で改善を目指します。

サポートを受けて、吃音を治療または改善させていくことは大事です。状態の正しい把握もできますし、自分の状態を理解してもらえることで、ストレスも軽減されます。

そのために、カウンセリングを受けたり、吃音を診てくれる機関に行き、相談することから始めてみてください。

大人になってから吃音が改善された方の例

※ご本人様の許可を得て、掲載しています。

私は子供のころからの吃音ではなく、大人になって、就職してから吃音が出はじめました。

最初のころは自分に何がおきているのかもわからず、どうしていいかもわかりませんでした。そんな時に東京吃音改善研究所を知りワラにもすがる思いで受講しました。

セッションで何が原因でどもってしまうのか、自分の体がどうなっているのか、どうしたら良いのか、など多面的にご指導いただき、わずか3ヶ月ほどで改善できました。

元々の吃音者でなかった自分にとっては、見失っていた本当の自分をとりもどせた気分です。

 

まとめ

心因性吃音とは、10代後半から発症する吃音です。長く続くストレスや、心にダメージを受けたりすることが要因で発症します。治療には、発達性吃音で用いられる方法が有効です。一人で抱え込まずに、親しい人や専門家に相談しながら改善していきましょう。

迷ったらご相談ください

こちらでは、成人を対象とした吃音改善セッションを行っています。

「私の場合はどうなんだろう?」と迷った方は、体験セッションを行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

体験セッションのご案内はこちら

よく読まれている記事

1

吃音があることにより就活の面接で悩む人はたくさんいます。吃音がある人にとって、就活は人生の中で最も苦手な場面と言っても過言ではありません。 そのため「吃音があっても就職できるのか?」「障害者手帳を取得 ...

2

吃音に悩む人は、仕事の電話で吃音のために会社名が言えないことの不安を抱えていたり、プレゼンなどの発表場面に何日も前から心配していることも少なくありません。 時には、ずっと吃音のことばかり考えてしまうこ ...

3

吃音が出てしまうことで悩んでいると、バイトに行くこと自体が辛くなります。本当はバイトしたいのに、行きたくないと思うくらいに辛い時がありますよね。 今すぐバイトをやめれば気持ちが楽になることもありますが ...

4

「吃音が治った人はいるのでしょうか?」「どんな人が治りやすいのでしょうか?」これらについての真実は、ケースも様々なため、簡単に言えることではありません。
この記事では、吃音が治った人、以前より良くなっ ...

5

もくじ 吃音で大学生活が不安、どうしたらいいのか悩んでいる吃音さえなければ吃音のため授業で困ったら、どうすればいいのか?自己紹介・授業での対策発表では、資料やパワーポイントの活用する配慮をお願いするた ...

6

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

-吃音の症状と種類, 大人の吃音
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2020 All Rights Reserved.