受講者の声

苦手な電話の応対も落ち着いて出来るようになった事がまずは大きいと思います。

受講者の声

東京吃音改善研究所のセッションを受講し始めて、何故どもってしまうかの理由などが理解できるようになってから、話す時にどこに注意したらいいかなど、自分で客観的に話す時の状態を考えるようになったおかげもあり、以前よりかは苦手な電話の応対も落ち着いて出来るようになった事がまずは大きいと思います。

もちろん、どもる時はとことんどもってしまう事もありますが、それでもセッションに通い、そして日々の練習を毎日は出来ませんが、なるべくする事によって吃音が改善されてくる様に思えるようになれました。
思うようにセッションに通えない時もありますが、それでもこれからも頑張っていこうと思っております。

東京都 40代 男性

よく読まれている記事

1

吃音があることにより就活の面接で悩む人はたくさんいます。吃音がある人にとって、就活は人生の中で最も苦手な場面と言っても過言ではありません。 そのため吃音がある多くの人は「吃音があっても就職できるのか? ...

2

吃音に悩む人は、仕事の電話で吃音のために会社名が言えないことの不安を抱えていたり、プレゼンなどの発表場面に何日も前から心配していることも少なくありません。 時には、ずっと吃音のことばかり考えてしまうこ ...

3

吃音がある人の多くは、大勢の人の前でスピーチをすることが苦手です。特に結婚式など、形式張った場面では緊張も増すため、何ヶ月も前から不安を抱えている人もいます。 結婚式でのスピーチには、新郎または新婦が ...

4

もくじ 受講後4年が経過された方に、フォローアップセッションを行いましたセッションを受講される前(4年半前)の様子野呂さんと行った取り組み終了後4年経過した今の現状についてセッションを振り返って回復過 ...

5

もくじ 吃音で大学生活が不安で、どうしたらいいのか悩んでいるあなたへ吃音さえなければ吃音を抱える大学生が抱いている悩み実際に吃音を抱えながら大学生活を送っている人はどうしているのでしょうか?吃音を抱え ...

6

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

-受講者の声
-

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2020 All Rights Reserved.