受講者の声

少しずつ吃音に対しての対処方を身に付けることができました。

20代 女性

こちらのセッションを受ける前は、吃音に対しての不安な気持ちがとても強く、どうしたら良いのか分からない状態でした。

セッションを受け始めてからは、技術的な面(しっかり声を鳴らせる、脱力する)など知ることができ、少しずつ吃音に対しての対処方を身に付けることができました。

これによって、声が大きくなり、自分の主張ができ、吃ることが少なくなりました。しかし、ストレスや気持ち的な面で吃りが出ることがあり、技術面だけではなく、対面する相手と接するときの気持ちの持ち方など、少しずつ改善することができています。

就職活動での面接でも緊張よりも先に、脱力しているかなど、注意する方向が変わったことにより、リラックスして面接に挑むことができました。

今後、仕事をする中で、身体の状態などにより言葉が言いにくい場面など出てくるかもしれませんが、技術で補っていけるようになりたいと思っています。

一人ひとりに合った方法で、改善していくことができるので、私に合った方法で改善の方向に向かうことができました。

よく読まれている記事

1

吃音があることにより就活の面接で悩む人はたくさんいます。吃音がある人にとって、就活は人生の中で最も苦手な場面と言っても過言ではありません。 そのため吃音がある多くの人は「吃音があっても就職できるのか? ...

2

吃音に悩む人は、仕事の電話で吃音のために会社名が言えないことの不安を抱えていたり、プレゼンなどの発表場面に何日も前から心配していることも少なくありません。 時には、ずっと吃音のことばかり考えてしまうこ ...

3

吃音がある人の多くは、大勢の人の前でスピーチをすることが苦手です。特に結婚式など、形式張った場面では緊張も増すため、何ヶ月も前から不安を抱えている人もいます。 結婚式でのスピーチには、新郎または新婦が ...

4

もくじ 受講後4年が経過された方に、フォローアップセッションを行いましたセッションを受講される前(4年半前)の様子野呂さんと行った取り組み終了後4年経過した今の現状についてセッションを振り返って回復過 ...

5

もくじ 吃音で大学生活が不安で、どうしたらいいのか悩んでいるあなたへ吃音さえなければ吃音を抱える大学生が抱いている悩み実際に吃音を抱えながら大学生活を送っている人はどうしているのでしょうか?吃音を抱え ...

6

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

-受講者の声
-, , ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2020 All Rights Reserved.