家でできること

簡単な吃音(どもり)対策はありますか?

Businessman「簡単な吃音(どもり)対策はありますか?」とよく聞かれることがあります。

 

 

簡単な吃音(どもり)対策としては、まず軟起声を試してみるといいでしょう。

 

 

軟起声とは、音の出だしを柔らかくする発声です。
簡易的ではありますが、吃音(どもり)軽減のために役立ちます。
※ただし、有効性には個人差はあります。

 

 

 

「音を柔らかく出す」という表現だけで伝わっていますでしょうか?

もう少し説明しましょう。

 

 

イメージとしてはフェードインにも似ています。

 

 

ん? フェードインって何?
と、言葉自体を聞いたことのない人もいますよね。

 

 

フェードインというのは音響編集の用語で、
音がだんだん大きくなるといったものです。

 

無音の状態からだんだん音が聞こえてきて、音楽が始まってくる。
こういった楽曲ってありますよね?
(ちなみにビートルズの名曲 Eight Days A Week  とか。)

 

 

フェードイン(無音の状態からだんだん大きくなってくる現象)が軟起声に似ています。

図で表すとこんな感じです。

 

出だしのアタックの強い音(硬起声)

出だしのアタックの強い音(硬起声)

出だしの柔らかい音(軟起声)

出だしの柔らかい音(軟起声)

資料:東京吃音改善研究所

 

 

軟起声は音の出だしのアタックを極力小さくして発語を始めます。

 

最初は息を少し出し、少しずつ音を出していく方がやりやすいかもしれませんね。

 

 

練習の段階ではゆっくりと行い、スムーズに音の変化を移行できるようになったらだんだん早めていきましょう。

 

 

 

また、「柔らかく」ということに意識しすぎて口先に意識が集まると、逆にプレッシャーがかかることもあります。

 

口先に集中して口や喉周りが過緊張気味にならないようにしてください。

 

 

フェードインのように「音がだんだん大きくなる」イメージの方が自然に行えると思います。

 

ポイントとしては、口先に意識するのではなく耳で自分の音を聞いて行うのです。

 

 

あと、だんだん大きくなると言っても別に大きな音で話すのではなく、通常の音量です。

 

無音→極小さい音→普通の音  
といった具合です。

 

 

簡単な吃音(どもり)対策という意味では使える方も多いと思います。
※個人差はありますが、発声の組み合わせ次第でさらに有効度も増します。

 

 

一度試しにやってみて下さい。

よく読まれている記事

1

吃音があることにより就活の面接で悩む人はたくさんいます。吃音がある人にとって、就活は人生の中で最も苦手な場面と言っても過言ではありません。 そのため「吃音があっても就職できるのか?」「障害者手帳を取得 ...

2

吃音に悩む人は、仕事の電話で吃音のために会社名が言えないことの不安を抱えていたり、プレゼンなどの発表場面に何日も前から心配していることも少なくありません。 時には、ずっと吃音のことばかり考えてしまうこ ...

3

吃音が出てしまうことで悩んでいると、バイトに行くこと自体が辛くなります。本当はバイトしたいのに、行きたくないと思うくらいに辛い時がありますよね。 今すぐバイトをやめれば気持ちが楽になることもありますが ...

4

「吃音が治った人はいるのでしょうか?」「どんな人が治りやすいのでしょうか?」これらについての真実は、ケースも様々なため、簡単に言えることではありません。
この記事では、吃音が治った人、以前より良くなっ ...

5

もくじ 吃音で大学生活が不安、どうしたらいいのか悩んでいる吃音さえなければ吃音のため授業で困ったら、どうすればいいのか?自己紹介・授業での対策発表では、資料やパワーポイントの活用する配慮をお願いするた ...

6

2019年5月、クロアチアで行われた吃音臨床シンポジウムに参加しました。 クロアチアは、東ヨーロッパの国で、イタリアの対岸に位置しています。宮崎駿監督の映画「紅の豚」の舞台となったアドリア海に面してい ...

-家でできること
-, ,

Copyright© 東京吃音改善研究所 , 2020 All Rights Reserved.